| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

岡田くん誕生日~

岡田准一が好きだーと認識してから 初めて迎える誕生日でごいす。
34才なそうだ。めでたい。

岡田くんをみて 気分こよくなるというわけで
楽しい時間が増えました。ありがたいこってす。

尋常じゃない美しいお顔を持つ岡田くんですが
知れば知るほど いろんな側面を持つお方。
なんやかんやしゃべくり出すと くどくどなっちゃうから
最近時代劇が続いた彼なので その流れで 新選組。(強引だなあ)

あの美しい姿で 刀を思う存分振り回してほしいので
新選組隊士を演じてほしいと思うんだな。
30代のうちに演じるチャンスが巡ってこないかな。

隊士の中では あの目力を活かして 土方歳三もよいでしょね。
何かの雑誌のインタビューだったかな。
土方をやってみたいと言ってた気がするんだけど 違ったかな。
軍師官兵衛を演じきった今年。
土方さんも 近藤勇の軍師と言える面もあった気がするしさー

そうでなければ 斎藤一とか。黙々と自分の任務を果たすみたいなね。

とか言いながらも、現代人の役も見たいし、ラブストーリーも見たいし、コミカルなのも見たいし
まあ なんでも見たいわけだ。

もちろんのことながら V6としての歌い踊るところも堪能したいしねー

過去の映像を ゆーちゅーぶとかニコニコで見たりするのも楽しいひと時。
そんな中で SPの映画公開の時に 岡田くんがビストロSMAPに出た回がひじょーに気に入ってます。
今思えば すごく貴重な気がしちゃうのよねんのねん。
その頃は 今ほどあからさまに出演番組がパキッと別れてなかったのかな。
拓哉さんに怪我させた話とかしてさー

せっかく来年は V6の20周年だし スマスマの歌コーナーに出ないかなー
無理なことなのかなー とりあえずご意見送ったらいいのかなー

まあこれからも 岡田くんのあれこれ 楽しんでいくことにするべ。
スポンサーサイト

| 岡田准一 | 16:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

官兵衛

大河ドラマ 軍師官兵衛 毎週欠かさず見ております。
今回は 有岡城の土牢に幽閉されていた官兵衛が とうとう救い出される回でありまして 前半の山場であったと思われます。

官兵衛役の岡田くんがすばらしいのは あえて言うまでもないんですが
他のキャストもやはりいいよなー
光さん役の中谷さんが すばらしい。
いっそ岡田くんと結婚したらいいのにー 中谷さんなら悔しくないよー
なんて勝手に思い込んでいますが 中谷さんには あの人なんでしょうなあ。
ま、それはさておき。

宇喜多役の陣内孝則も かなりいいですね。
あの腹黒さが ぴったりはまっている。
大きな目をかっと見開いて 圧力かけてくる感じとか すごくいいね。
俳優としての力を見直した思いがする。

官兵衛が囚われていた土牢の番?をしていた男の息子ちゃんが出てくるところ。
かわいいわんこも共演していたせいか 印象に残ってしもた。
姪っ子や甥っ子も引き取って育てた官兵衛夫妻ですが
この門番の息子ちゃんも引き取ったそうで。
しかも 黒田家の有力な家臣に育てあげたらしいね。

実際のやり取りがどんな風だったかはわからないけど
自分自身の身も心も限界ギリギリのところだったろうに
そんな中で 見ず知らず、、、のような子供を引き取る決断をするって
黒田官兵衛という人は どうしてそんなことができたんでしょうねえ。

新選組の時も まずは司馬遼太郎大先生の「燃えよ剣」を読むべしと聞いて
そこから取り掛かったのでした。 
今回もそうしようと「播磨灘物語」を読み始めたわけですが
なんと4巻まである長編なのでした。
とりあえず もう少しさくっと読めるのはないかなーと探してみたら
「日輪にあらず」という作品を見つけた。
著者は上田秀人という方で 歯科医さんなそうだ。
1冊で終わるし 文章も比較的読みやすいので 
半分よりちょい手前で 官兵衛の幽閉が終わりました。
この調子でまずは こちらを読み切ろうかなと思っております。

| 岡田准一 | 11:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

動画ざんまい

ここ最近は 昔の岡田くんというかV6のバラエティ&歌番組を捜索して見続けています。
短いので 次々と見たくなって やめられなくなって困ります。
でも とっても気分こよくなるんで やめられないんだよなー

岡田くんは 今もひじょーーに素敵なお方なんだけど 
若い頃もこれまた ひじょーーーに美しくって でも色気もあって
もうもうたまりません。
で、今となってはもう見られない ほそこーーい体もいいんだよねー
もちろん 今のたくましくなったところもいいけどね。

で、うたばんだったり HEY×3のなつかし映像がとっても面白くってたまらん。
やっぱり当時はあまり興味なかったんだろうねえ。V6のこと。
ほとんど見た記憶がないのよね。でも今見ても新鮮に思えるから それはそれでよい。

そんな中、さっき見た過去のうたばんの動画。
けっこう覚えてるーーーってのがあった。
それは 宇多田ヒカルが出た時、V6も同じスタジオにいたんだね。
その流れで 実は 宇多田さんが岡田くんのことをけっこう好きだという話が出て。
顔がタイプなんだとかで。
せっかくだから リハーサル中だけど 岡田くんを呼んでこよーってことになり。
歌の赤い衣装着た岡田くんが 宇多田さんの前につれてこられたんだよねー

なぜか この時のことは すごーく覚えてる。
岡田くんかー ふーんって その頃は軽い気持ちで見ていましたが。
これ今みたら なんちゅーかほんちゅーかだぞ!!

たかさんと中居くんは めっきり冷やかしモードだしさ。
宇多田さんはテレテレだし 岡田くんはなんのこっちゃ?みたいな雰囲気だし
でも妙に興奮する運びとなっております。私の立場からするとね。
なんかなんか ちょっと嫉妬がわくっていうのかなー アホちゃうかーだけどね。

すごーーくびっくりしたのが この時の宇多田さんは18歳で、岡田くんは20歳なんだと。
え!!岡田くんの方が年上!?全然見えないーーーー 

てーことは 今岡田くんは33歳だから 宇多田さんはまだ31歳てことになる!!
なんだかいろんな経験積んでるから もっと上かと思ってたけど まだ31かー
それもまたびっくりしちゃったのでした。

ほんでもって番外映像ですが めざましテレビでの岡田くんの熱愛報道の動画を見てしもた。
これに思いの他、、めちゃんこショックを受けてしもた。

さっきの宇多田さん同様で、この熱愛報道リアルでも知ってるんです。
あー共演したんだもんね。ふーん。って程度だったのに!

何年も前だし、今はもう付き合ってないと思われるのに それなのにそれなのに。
きゃー なんてこった。こんなところで ネガティブな感情使わないようにしたいのにー

なんでしょうね。この日常と非日常の境目があいまいになる感じ。
岡田くんが誰と付き合っても 誰と結婚しても 自分にはまったく関係のないことなのだが。

ただ!もうしばらくは結婚はしないでほしいなあ。
だって、いのっちがライブ会場で結婚報告した動画も見たんだけど
これもまた ちょっとショックを隠せなかった。

これが岡田くんだったらと思ったら もう動揺しまくりやー

ただ、中谷美紀さんだったら そんなに嫌な気持ちにならなそう。
共演を機にどうだろうか。いいんじゃないだろうか。

いや、、、私の思惑なぞ まったく関係なく進むことでありますからね。

とにかく そういう変な気持ちをなるべく持たずに ただただ楽しく気分こよく
日々いろんな岡田くんを鑑賞することとする!

| 岡田准一 | 15:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最後のゼロ

ロングランを続けてきた永遠のゼロも 今月25日でついに終了ということです。
すでに18時の回だけになっとるし、今日はちょうどレディースディというのもあり、
最後の宮部さんを見てきましたよー

冒頭の零戦が登場するシーンで 思わず泣きたくなるんだけども
今回3回目にして 操縦席が映っているのに気がついた。宮部さんなんだよね。
あーそうか。それがラストのシーンにつながるっていうことかと思うと余計泣けました。

ゼロの話になると長いので 後半に続くです~

≫ Read More

| 岡田准一 | 23:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゼロから図書戦へ

永遠のゼロ。気になる作品でしたので しかと劇場で見るぞとは決めてた。
文庫本も前から気になっていて ぜひともゲットして読むぞと決めてた。

公開から1か月以上過ぎ 原作を読み終えて 自分としては満を持して劇場に足を運びました。
映画の感動は 以前書いた通り でして スマさん映画以外では めずらしく2回見ることになった。
(スマさん映画は 模倣犯、私は貝になりたい、座頭市を2~3回見てます)

2回目を見終えた後に なんだか他の岡田作品を見たくなってきたのね。
で、さっそくTSUTAYAへと出向き 天地明察とどっちにするかなーと悩んだ結果
図書館戦争を借りたのでした。

今思えば ここがロックオンのタイミングのようですな。
鬼教官キャラが もう最初からしびれちゃってねー

笠原(榮倉奈々)が 後ろにいると気づかずに 堂上教官の悪口言ってたところ。
ああだこうだ言ってから最後に「それにチビだし!」ってーーー
岡田くんにチビだなんてーーーと衝撃的な気持ちになってしまいましたが
どうやら原作でもそのような設定なそうで、納得しました。てか安心?しました。

それを後ろからギロッと見ていたあの表情に まずは、ぎゅんとなったー

さらに トイレで犯人を確保したところが あまりにも鮮やかな手さばきで
うへーーー こんなに達人なのかーと目を見張ってしもたんです。

そこからはもうねー あれよあれよと目がとろーんとなってしまいました。
図書館戦争では ほとんど笑顔のシーンがないけど
途中 かすかにほほ笑むところがあるのよね。
それを見た笠原が 「そうしていれば(だったかな?)感じいいのに。」
と 意外そうに話すわけですよね。その反応に対して ちょっと照れたのかな。
すぐ笑顔はしまいこんじゃったというかでねー 
普段の岡田くんは もちろん笑顔の素敵なおかたでありますが
堂上教官の時は 貴重な笑顔シーンだったので 際立ってよかった!

のちに岡田くんの魅力のひとつとして 手がいい!ということを知りました。
確かにこの映画で 初心者の私の目にも しっかりと留まりましたですよ。
きれいってか かっこいいってか 動きが素敵っていうか。セクシーってか。
なんだか むほっ♪ってしちゃいました。

その後は 先にV6の魅力に目覚めていたちーわん様から
大量なV6関連のDVDやらCDやらを提供していただき
どんどこどーーんと見事にはまるという結果に。
それに加えて 過去の出演作をレンタルして見たり。
さらに動画サイトを渡り歩いて 過去のバラエティやら歌番組やらを漁って見たり。
そんなこんなで 本当に楽しい時間が増えました。
いろいろとストレスやら 更年期やら?で 精神状態が悪くなりやすいお年頃です。
それを癒してくれるのが こういったお楽しみタイムなんだろうと思う。
時間の許す限り 味わっていこうと思うのであった。

| 岡田准一 | 18:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。