PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

げんちこ

中学生の頃 それはそれはみんなして訛っていました。
私とか友達らは 自分のこと オレとかオラとか言ってたしね~(^^;)

なんか、思い切り訛ってこそなんぼ!みたいな雰囲気もあったりしてね。
普通に話すだけでも 相当訛ってるんですが さらに強調してるようなとこもあったり。

こちら地方では いろんな言葉に濁点がつくことが多かったり
語尾に「こ」をつけたりすることが多々あります。

濁点の例では
「はこだて」が 「はごだで」とか。

「こ」をつける例は ものすごくたくさんあるんだけど
「お茶っこ」とか「ビールっこ」とか ここでもたまに書くけど「写真こ」とか 「話しっこ」とか。

ちなみにタイトルにした「げんちこ」は 「元気」に「こ」がついたものです。
元気の「き」が訛って「ち」になったりしてます。

中学生の頃、教育実習にきた若い男性の先生がいまして、
女子たちの間では けっこう人気がありましたんです。

やいのやいのと騒がれていたんだっけな~

社会の先生だったんですが 授業中にある女子が質問をしたんです。

ごく普通の質問だったと思うんだけど それに対してある男子が
どうせ先生の気をひくために 目立ちたくてわざと質問したんだべ~って思ったらしく。

「んが~ なすて社会の時間だば げんちこ いぐなるんだがな~」

と、からかい半分にちょっかい出したんですね。

それを聞いた先生は ちょっかい出した男子に 超真顔で、
「ん?なんだ?げんちこって・・・」と 質問をしたんですね~

したらその男子も あらたまって聞かれると ちょっと恥ずかしかったようで
「あ、元気がよくなるということっす」みたいに 小さくなって回答してたような記憶が。
その変わりようとか 「げんちこ」がわからなかった先生とか 
その場の空気とか すんごくおっかしかったんだよな~
30年近く前のことだけど こうして覚えてるんだもんな~

なんか文章にしちゃうと おかしさも全然わからナーズですが・・・

最近「わかちこー」っていう芸人がいたっけな~
「わかちこ」と「げんちこ」 あ、似てるーなんて思っただけです。

意味ないね~(^^;)

| 記憶の片隅から | 20:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。