PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

最後の朝



9日に父が亡くなりました。
お昼すぎくらいに力尽きて 静かに眠るような最後でした。

67歳という若さではありましたが 若い頃から大酒飲みでしたし
糖尿病歴20~30年、さらに脊髄損傷による麻痺歴15年という肩書きがあったにしては
よくがんばって生き抜いたのではないかなと家族で語りあいました。

写真は 病室から見えた朝の空です。
この景色を見るのも 今日が最後になるだろうと思ったのと
ずいぶんすっきりと晴れ渡っていたので 思わず携帯に収めてみました。

最後の15年は 歩くこともできず 手も使えず 不自由な生活だったので
千の風になって このきれいな青空を飛び回ってほしいなと思います。

入院後 いつものように親戚に預かってもらってたランちゃんですが
おととい 戻ってまいりました。

父の姿を探すのかなと思いましたが そうでもなかったようです。
というのも 亡くなってから数日後に ランちゃんのところにも父が会いに行ったらしいです。
その時に ちゃんとお別れしたのかもしれないですね。

散歩もいつものように元気よく。




夜は こて~っと寝ています。




これからも 1人暮らしになった母を支えてくれることと思います。
ランちゃん よろしくね。

ちょいとスピリチュアルな話になりますが・・・




あちらに行ってからも 父は酒好きを発揮しているみたいです。

弟の奥さんが あちらの方の気持ちを受信する能力がいくらかあるみたいで。

亡くなって少したった頃 父が酒を飲みたいという気持ちを伝えてきたとか。
それで弟が その辺にあったお酒をお供えしたんだけども。。。
泡盛と書かれたボトルに入っていたので これならいいだろうと思ったそうですが
実は 中身はシソ酒だったんですね。そんなの飲んだことなかったんでしょうね。
お供えした後は 違う、それじゃない、と訴えが。
いつも飲んでいた大五郎が飲みたかったんだそうです。

さらに 酒を入れる器も 適当にその辺のやつを使ったんだけど
いつのもグラスに入れてほしいと注文があったそうなんですね。

さっそくお告げ通りにやり直したら 今度は満足した~と伝えてきたそうです。
一連のその過程が終わってから 弟が実はこうこうで・・・と話をしたので
みなで聞きながら 大笑いしてしまいました。

亡くなる数日前には 昔の酒飲み仲間さんたちがお迎えにみえたんだろうか。
お~~ いだいだ~ と懐かしい顔ぶれをたくさん見つけて にこにこ笑ったそうで。
私がいた時にも はっきりと 「しばらくでした」と 挨拶してましたっけ。

いなくなったのは とても寂しいですし 悲しいことだけれど
あちらに行って 仲間と共に楽しく酒盛りをするんだろうなと思って 
こちらに残った私たちも 元気出していかにゃ~なりませんな。

| 今日のできごと | 19:03 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/09/16 22:01 | |

ご愁傷様でした

実家の父が去年から闘病中で、
しばらくぶりにこちらにお邪魔したところ
このニュースで驚きました。

文章からお体がご不自由な事はわかりつつ
詳しい病状は、初めて知りました。
お母さま&ご家族もお寂しくなりますね。
まきたん、毎週通ってらしたものね…。
特にお母さま、長期の介護お疲れさまでした。

私の父も余命一年と言われていた日が
そろそろ迫っているところです。
元もときゃしゃで体の弱い母が
一年間休まず看病をすごく頑張って
頑張りすぎて、とうとうダウンしてしまいました。

なので今は母のかわりに、私と妹が
以前は何日かおきに病院に行っていたのを
二人で午前と午後に分けて毎日通ってます。

父の病気は大腸ですが、やはりずっと
お酒大好きで、楽しく飲むのが好きでした。
いつかお父さまのおそばに行ったら
お仲間に加えてもらいたいと思います。

暗い話ですみませんが、クロは元気一杯です♪
最近、留守番ばかりさせてしまってますが
あいかわらずの憶病なのに
私には甘ったれのかわいいヤツです☆

思い起こせば、初めてクロを我が家に迎えるため
病院まで車で送ってくれたのも父でした。

私も初めてのキャリーバッグに慣れてなく
すき間から出てしまい、ダッシュボードで固まったまま
初対面の父をずっと睨み続けちゃって
怖くて運転し辛かったと言ってましたっけ。

クロの初ドライブも父の車だったし
私も生まれてから大人になっても
父の運転であちこち乗せてもらってたので
今年になって車を手放す時寂しかったな~
でも本人が一番悔しかったと思うけど…
あ…また湿っぽくなっちゃってすみません、ではまた!

| りーやん | 2009/09/17 11:24 | URL | ≫ EDIT

☆☆さん


暖かいお言葉を ありがとうございました。
久しぶりの仕事 頭がなんだかぼやっとしてる気がしたので
大丈夫かな~と心配だったのですが お産とかもなく
静かな夜勤だったので 無事終えることができ ほっとしました。

母もそうだと思うけど 何か遣り残したことがあるように思えて
考えだすと どんどこはまってしまいそうだから
しょうがない、しょうがないと自分に言い聞かせてたり。

母も そろそろいろんなことが片付いてきて 
気抜けしてくる頃かもしれないですね。

どうぞ もう少し落ち着いた頃にでも 遊びに来て下さいませ。

| まきたん | 2009/09/17 17:03 | URL |

Re: ご愁傷様でした

りーやん お久しぶりです。
なんと!ここ最近 そういえば りーやんのお父さんも入院してたっけな、、、
と思い出していたところだったのですよ。

そんな時に来てくれて なんとも感激です。

> 私の父も余命一年と言われていた日が
> そろそろ迫っているところです。

そうでしたか・・・ 辛いところですね。

> 元もときゃしゃで体の弱い母が
> 一年間休まず看病をすごく頑張って
> 頑張りすぎて、とうとうダウンしてしまいました。

心労お察しいたします。
少し休んだら 体調復活されますように。

> なので今は母のかわりに、私と妹が
> 以前は何日かおきに病院に行っていたのを
> 二人で午前と午後に分けて毎日通ってます。

毎日通ってるの!?すごい! えらいです!!
お父さんも お母さんも さぞ心強いことと思います。

クロちゃん元気で何よりです~
こんな時にも やはりわんにゃんは ちからっこになってくれますからね。

> 思い起こせば、初めてクロを我が家に迎えるため
> 病院まで車で送ってくれたのも父でした。

そうだったんだ・・・
他にもいろんな思い出が詰まった車。寂しかったろうね。

りーやんも 妹さんも 体調崩されませんように。
また 思い出したときにでも 遊びに来てやって下さい。

| まきたん | 2009/09/17 17:12 | URL |

まきたん、そして、おとうさん、
ご家族のかた

本当に、ごくろう様でした。

そんな話を聞くと、おとうさんは、とても良いところへ旅立ったんだなーって
安心しますね。

思う存分、楽しいお酒と自由を満喫しているかもね。



そんな言葉をキャッチする力が、私も欲しいです。

| ちーわん | 2009/09/17 19:18 | URL |

ちーわん

暖かいお言葉をありがとうね。

> そんな話を聞くと、おとうさんは、とても良いところへ旅立ったんだなーって
> 安心しますね。
>
> 思う存分、楽しいお酒と自由を満喫しているかもね。

ほんとにね~ 大五郎エピソードは みなで和んだよ。
とりあえずあちらの世界にもちらっと顔出して
また遊びに来る・・・みたいな気持ちも伝わったそうな。
もっと聞きたいな~と思ったけど 嫁さんは自宅に戻っちゃったから
距離が離れると やはりね。パワーが出ないらしい。

ちーわんもお父さんも元気で暮らしているから
お母さんも安心しているかな。
でも 話っこしたいときもあるだろうねえ。

| まきたん | 2009/09/19 14:03 | URL |

ご愁傷様・・・

まきたん・お母様
 
大変でしたね。
お父さんまだ若いのに残念です。
ただ永い間介護されていたとの事・御家族の方は大変な苦労もあったかと思います。
お母さんは、落ち着きましたか?
落ち着いた頃今までの疲れが出ると思うので、御身体気を付けてくださいね。
あちらでお父さんはお友達がたくさんいるみたいなので、楽しく晩酌してるのでしょうね☆

まきたんがお母さんの顔見に行くの嬉しいと思うよ。
そこら辺は親子だもん。
他人ならわずらわしくても、親子ならそばに居て欲しいんじゃない。


| はるちゃん | 2009/09/19 14:15 | URL | ≫ EDIT

ご愁傷様です

このたびは、ご愁傷様でした。
お父様は長い闘病生活だったのですね。
まきたん お体の方は大丈夫ですか・・

実は私の父も7月に亡くなりました。
好きなお酒を飲まなくなり、これはただ事ではないと・・
母と医者にいこうと行っても、嫌がり・・やっと説得して連れて行って、3週間で息を引き取ってしまいました。
入院する1週間前に撮った父の写真がとっても綺麗な青い空で、今は大きく引き伸ばして、いつも父が座っていたソファーの上に置いてあります。
私の母も今は一人暮らしです。
父が心配しないように、母を助けていかないとですね。

| つるりん | 2009/09/20 00:29 | URL | ≫ EDIT

Re: ご愁傷様・・・

はるちゃん 暖かいお言葉をありがとうございます。
ほんとにまだ年齢的にはまだまだ若すぎて 残念としか言い様がないです。
これから寒くなってくるので 母は余計に寂しくなるかなと心配しております。

> あちらでお父さんはお友達がたくさんいるみたいなので、楽しく晩酌してるのでしょうね☆

ほんとだよ~ そこは心配ないなあと思っております。

ランちゃんにも会いたいし これからも実家通いのペースは同じように
続けていこうかなと思います。
はるちゃんの言うように 余計な気を使わずに行ってみればいいね。
ありがとうね。はるちゃんちは どうですか?また気が向いたらメール下さいね。

| まきたん | 2009/09/20 20:03 | URL |

Re: ご愁傷様です

つるりんさん ありがとうございます。
そして つるりんさんのお父様も最近亡くなっていたのですね。
遅ればせながらですが ご愁傷様でした。
受診から3週間で亡くなってしまったなんて ずいぶんと急なことで・・・
しばらくは 信じられない思いだったでしょうね。

お母様は 1人暮らしにだいぶ慣れてきましたでしょうか?

> 父が心配しないように、母を助けていかないとですね。

ほんとですね。お互いにそうしましょう。

つるりんさんとは 仕事も好きなこと(スマと猫)も一緒で
父との別れも同じ年になってしまって・・・ 
1周忌 3周忌・・・と 同じペースで進んでいくのですね。
なんだか縁を感じます。これからも 話っこに付き合って下さいませね。

| まきたん | 2009/09/20 20:11 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT