PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

読書の秋にしたい

今更ながらですが 宮部みゆきさんの作品をじっくり読みたくなりました。

新聞小説連載中で これがとってもおもしろい。
この先どうなるのーーー!とか 伏線もけっこうあるしで
読みがいあるんですよねえ。

本当だったら?中居さんが模倣犯の主役をするって時に
原作本にチャレンジするってことがあってもよかったろうにね。
あまりのぶ厚さに 手にするだけで終わってしもたんよね。
あ、パラパラとめくってはみたっけかな。
いずれにしても それっきりです。

そう思っていた矢先、時代小説がこのたび発売となったようで
「おまえさん」といったかな。新聞にでかく広告載りました。
これはぜひともいずれじっくり読みたいと思ったわけですが
やはり長編だし 少し軽めの作品から入りたい気もありました。

それなら図書館で探してみるかと思い立ち 立ち寄ってみたんですが
よさそうな本はあれど あまりにも本がくたびれすぎてて 
どうも読む気になれなかったんですなあ。

でもせっかく久々に図書館に来たことだし 何か借りたくって

有川浩さんの「クジラの彼」
群ようこさんの「ミサコ、38歳」
秋山香乃さんの「新撰組捕物帖」
以上3冊に決めました。

群さん 有川さんは 以前別な本読んだことあるんで
きっと読みすすめやすそうな気がする。

秋山さんって方は 初めて知る名前ですが
新撰組関連のお話なら きっと入りやすいかなあと思って。
サブタイトルが 「源さんの事件簿」となっております。
さらっと見た感じ 読みやすそうだし いいかな。

いずれは 宮部ワールドにも浸ってみたいですな。

| つぶやきその他 | 23:21 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

秋山さんて、時代物でも
新選組もの結構かいてますよね
たしか、総司とか土方さんとか、近藤さんとか
あと、逆に大久保とかあのへんだったかな

晋作の本を読んで、私は断念してしまったけれど
ハマれば、甲斐がありそうな作家さんですよね。

| ちーわん | 2011/09/30 19:34 | URL |

ちーわん

ほほう~ ちーわんご存じの作家さんでしたのね。
新選組作品けっこう多いらしいです。
土方歳三ものね。今回借りたのを挫折せず読めたら
そっちも行きたいところです。

| まきたん | 2011/10/02 16:47 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT