PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

三匹のおっさん

有川浩さんの「三匹のおっさん」読みました。
最近 続編の「三匹のおっさん ふたたび」が出版されたところなのかな?

帯に「痛快活劇小説」って書いてあるんだけど まさしく!本当に!痛快でした。
6話構成になっていまして まず1話からすんごく興奮したよー

チンピラを追いつめるおっさんの攻撃力に もうぐわーーーーんでした。

これまた帯に書いてある言葉が「町内の悪を斬る!」でして
その言葉通り 身近におこりそうな悪の数々、うまく題材を選んでるなーと思いました。
でもって 最後見事に解決するもんだから スカーッとするしねえ。

さらに 三匹のおっさんそれぞれ もうキャラがいいんだにゃ~
そのおっさんたちの孫や娘 息子夫婦など レギュラー陣も味わい深い。

読み終わってすぐに また1話のチンピラを追い詰めるおっさんたちの活躍ぶりを味わいたくなり
さっそく読み返しているというわけです。

全編通して メインはおっさんの中でもキヨさんだと思うんだけど
そのキヨさんと孫のゆうきの関係性も 少しづつ変化していくところもよいのよねえ。
反抗期のチャラチャラしてるだけの孫だったのに
いろいろな経験を積んで おじいちゃんであるキヨさんを尊敬しつつ仲良くなり
キヨさんも孫の成長を認めだすという流れとか じんわりきます。


そもそも有川浩さんを最初に知ったのは 何年か前の新聞小説ですな。
県庁おもてなし課の話。

ん?それともフリーター家を買うが先だっけ?
でもこちらは小説より先にドラマで見ちゃったんでした。

そして最近買った「くるねこ丼2」の方に 有川さんとくるねこさんと須藤真澄さんの対談が載っていて、その中でも三匹のおっさんの話題が出てたんだよね。
前に店頭で見かけた本だったけど その時はまだ買って読みたい!とまではいかない状況でした。

でも くるねこ丼の記事読んで 次に本屋さんに行ったらぜひともゲットするーと決意。
買ってよかったーー また繰り返し読んで楽しめる本であるぞ。

いずれ続編の文庫本が出たら 迷わずゲットだなー

| 私的エンタメ話 | 14:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT