PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

踊る大捜査線

やっとこさ見てきました。

慎吾目当てに見に行ったようなもんだけど かなり楽しめましたね。

こないだスマスマでたけしさんが言っていたけど
映画館で見たら音響も映像もすごくって楽しめるのに
今はDVDだったり スマホとかちっさい画面で楽しむのに慣れてるから
映画館に行かなくなってしまうってねー

いつも映画館に来ると思うけど やはり迫力あるし いいものですよねー

それと同時に 迫力ある映像やら音声やらに接していながら
時としてスイマーに負けてしまうことのある私としては 今日はそんなことのないように!と
心して 席につくんだなー

多少ネタバレもしちゃってます・・・




踊る・・・は 全く飽きさせず 当然スイマーとの戦いもせずに済みました。
ファイナルらしく 全シリーズの総括的な映像もあったりして
きっと初期からずーっと見続けてる人にしたら かなり感慨深いものがあるんだろうね。

あと、やはりおなじみのあのテーマ曲。
「ちゃん!ちゃーちゃーちゃん!」を聞くと わくわくするねー

テーマは 警察の隠蔽体質っての?それと闘うというか正すというか。
この映画のストーリーは フィクションではありますが
実際に似たようなことが起きているんだろうよね。

それによって 人生をひっくり返されたというか 道をそれてしまう人もいたりとか。

慎吾演じる久世さんも もともとはいい警察官だったろうにさ。
仕事に一生懸命に取り組んで 被害者である女の子のお母さんのサポートも とことんしたんだろうさ。
実際に公私混同になっちゃってたのかどうかは まあさておきね。

そんな真面目な仕事人だったのに 復讐の鬼のような形相になって
署長の息子ちゃんをあと少しで殺すところだったわけでねえ。
実際に大人2人は殺してしまったし 警察の仕事は当然もうできないし
これからの人生がまったく変わってしまうわけだよね。
棒に振ったといってもいいのかも・・・

踊る・・・の中では トップが辞任に追い込まれるという結末で
青島くんや室井さんも救われるよねー 見てる方もすっきり。
さらにもっと先読みすれば 久世も心情的な理解を得られて刑が軽くなるかもで
今後の人生を なんとかやり直せる可能性も出てくる?

でも 現実社会の中では そういった上層部の隠蔽によって 責任を取らされたりして
自分に全く非がないのに 人生変わってしまう、しまった人たち たくさんいるんでしょうね。
警察に限らずですけどね、、、

そんなことを考えてもしょうがないけども。。。
ついね。やはり慎吾・・・というか久世に感情移入してしまうのでねー

根っこの部分は そういった重いテーマでありましたが
全体的には ぷぷぷと笑うシーンがたくさんあるし 特に前半は多いし
楽しく鑑賞できました。

冒頭のシーンも ちょっと意表ついたよね。
むむ?これは将来の姿?とかね。


小栗旬は やっぱりかっこいかったですねー
上司に従ってそうに見せて 最後はしてやったりというかね。
クールな姿が すごく合ってました。

青島くんのセリフにもあるけど 室井さんの指示も しびれましたね。
最後に方言っぽい一言を発していたけど なんて言ったかわかんなかったー

また2時間特番なんかで その後を見たいような。
でも ファイナルっていうから すっきり終わってOKのような。

とにかく楽しかったです。

| 私的エンタメ話 | 01:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT