PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

永遠のゼロ

大ヒット上映中の「永遠のゼロ」見て参りました。
まずは、先に原作を読みまして、その後に映画という流れ。

原作は長編ですので 最後まで読み終わらずとも 時期を見て映画館へゴーするつもりでしたが 予想外に早く読み終わったので 完読後の視聴ができました。

原作を読みつつ 自分の頭の中で映像化していくわけなんですが
戦争のシーンや 零戦の操縦シーンの想像などは
うっすらとした想像になってしまいますよね。
あまりわからないわけなので。

過去の戦争の映像化や ニュース映像やら その筋の本の写真とか。
本当に薄い記憶の中での 自分なりの映像化。

その頼りない自分なりの映像化は 映画を見たことによって
ものすごく鮮明に記憶されました。
ほぼこんな感じだったんではないかと思えるようだった。
その時代を生きてないから 余計にそう思うかもですけど。


とにかく主演の岡田くんがすばらしいです。

長くなります・・・




凄腕の零戦操縦者であるところや、部下に多大なる影響を与えるところ。
その部下たちに 自分の命を捨ててまでも宮部さんを守りたい!
とまで尊敬され、惚れられる存在となるところ。
優しい夫、父である姿。
教官としての誠実な姿と 絶望で生気を失ってしまった正反対の姿。
どこをとってもすばらしい。
最後の死んでいく直前の表情には、かなり衝撃を受けました。

岡田君のことは昔から知っているけど、ほんとに知っているという程度でした。
いつの間に、こんなに素晴らしい俳優さんになっていたのだろうと認識を新たにしております。

姿形が美しいというだけではなくて 本当に胸に迫る演技だったな。
それにしてもやはり!軍人姿がとにかく絶品でしたね。


三浦春馬と吹石一恵は 宮部さんの孫にあたり 今を生きている設定ですが
当然のことながら 戦争の時代とはまるで違う世の中を生きている。
その落差?みたいなのも すごく描き方としていいなあと思った。

でも 合コンに参加した春馬くんが 特攻隊のことを熱く語ってしまい
その場にいた若者たちが ドン引きしてしまうシーンがあるんですが
これは 原作通りに 山本學さん演じる武田さんのシーンだったらよかったな。
でも そうするには 吹石さんの彼氏も登場させねばならないし、新聞社のことをかなりきつく批判するので、新聞社名を出さないにしても、映画に入れるのは難しかったのですかね。
いろいろと規制もあるそうだしね。

最後の方に出てくる影浦とのシーンは圧巻ですね。
若き日の新井浩文も 現在を生きる田中泯さんもさすがでした。
田中さんが全部語り終えて 春馬くんが帰る時に つい抱きしめてしまうところ。
原作でも なんともぐっときたシーンだったのですが
映画でもよかった。

感情を押し殺したかのような田中さんもいいし
戸惑う表情の春馬くんも よかったです。

原作を読んで 映画を見て さらに勢いづいて 太平洋戦争とか特攻の関連本を読みました。ほんで再度 原作の好きだったところをつまみ読み?というかランダムに読んだりしてます。
改めて原作を読むと けっこう実名の人が出てきたり 史実もうまく盛り込んであって
小説ではあるのですが ドキュメント本に近い部分もあるなあと。

映画も原作も いずれの永遠のゼロにも 大きく影響されたというわけでした。

そんでもって 岡田准一くんのことがとても気になりだして
それ以来 いろいろと作品見まくっているところです。

あー そんな人「ごまん」といるんだろうなあ。官兵衛もすばらしいし。
なんだか久しぶりの初心者?気分で ちょっと戸惑いもある。

と思いつつも 新しい恋に身を委ねているのであった。(アホかー)

| 私的エンタメ話 | 23:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT